セカンドオピニオン歓迎の税理士|大阪・京都・神戸

電話番号電話番号
メールでお問い合わせメールでお問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要お問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要
全国の税理士を無料紹介全国の税理士を無料紹介 リアルでお会いする税理士無料紹介リアルでお会いする税理士無料紹介
当社は、税理士と企業様への両方に、必ず直接ご訪問させて頂き、お話をじっくりとお聞きしています。
そのため、税理士の能力・人柄を十分に把握でき、企業様の課題・想いも詳細に理解し、解決に向けた最適なマッチングができるのです。
【緊急トピックス】
▶ 新型コロナウィルス感染症対策に関する各種制度
▶ 小規模事業者持続化補助金について

セカンドオピニオン

顧問税理士以外の別の税理士から意見を聞く事をセカンドオピニオンと言います。以下のようなお悩みはありませんか?

様々な理由でセカンドオピニオンを希望する経営者様が数多くいらっしゃいます。
税理士であれば、すべての税務に精通しているという訳ではありません。

相続を例にとれば、相続の案件を担当したことのある税理士はむしろ少数派で、法人税や所得税は当然メイン業務ですが、
相続税・資産税関連があまり得意ではない税理士は少なくないのです。
顧問をお願いしているからといって、事前に確認せず相続についても依頼してしまった場合、相続税を多く払い過ぎてしまうリスクがあると言っても過言ではないでしょう。

節税対策や資金繰りのアドバイスで経営を助けてもらいたいという希望があるのに、顧問税理士が応えてくれない定期訪問いてくるのは所長ではなく資格も持たない事務所の社員で頼りないという状況では、事業の成長を促進させたい経営者としては頭を抱えてしまいますよね。

そういう時に別の考え方を持った税理士の意見を聞く機会があれば問題解決の糸口が見えてくるかもしれません。

しかし、セカンドオピニオンはどこの事務所でも受け付けているわけではありません。
税理士同士のいざこざを避けるため「現顧問との顧問契約を解消してから」とセカンドオピニオンの依頼をすぐは受けない事務所もあります。


当社にご相談くだされば、セカンドオピニオン大歓迎の貴社のニーズにお応えできる税理士を無料でご紹介いたします。

多くの税理士先生方と面談、お付き合いさせていただいている「コマテル」にお任せ下されば、貴社に最適な税理士をご紹介させていただきます。

※新型コロナウイルス関連の申請サポート業務に熱心な先生もご紹介させていただきます。