相続・事業承継に強い税理士|大阪

電話番号電話番号
メールでお問い合わせメールでお問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要お問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要
全国の税理士を無料紹介全国の税理士を無料紹介

相続

相続の専門家

「相続税額を抑えたいが、何からどうすればよいかわからない…」
「税理士に相談したが対応が良くない…(依頼してから2,3カ月連絡が無いなど)」
相続の問題は生涯でそう何度も経験することではないため、対応に困惑される方がほとんどです。

そこで専門家に相談することになるのですが、税理士試験では選択科目として「相続税」「消費税」「事業税」「固定資産税」などを
任意で選択して受験をするため、「相続税法」にあまり詳しくない税理士が多いのも事実です。
そのためよく吟味せずに依頼すると、相続に必要な手続きに不慣れで申告書作成に時間がかかったり、
相続税を納め過ぎる処理をしてしまったりするリスクがあるので注意しなければなりません。

相続対策業務のポイント

資産管理業務のポイント

セカンドオピニオン

もし過去に行った相続税申告に過払いがあった場合、相続発生日から5年10ヶ月以内であれば、
払い過ぎた相続税を取り戻すことができます。
ご自分で相続税申告を行ったり、相続税専門ではない税理士に依頼したりしていた場合、
相続の専門家にご相談される価値はあると思います。

「相続業務=財産評価・遺産分割協議書の作成・相続税申告・書面添付などを任せられる専門家を探す」

相続を首尾よく遂行するには、相続税申告(税理士)、不動産の鑑定評価(不動産鑑定士)、登記手続き(司法書士)など、
各士業が連携して業務を行う必要があります。
ご自分でお悩みになっても良い解決法が思いつかないといった場合、すぐに専門家にご相談ください。
各ケースに最適な税理士・各士業を無料でご紹介いたします。


事業承継

中小企業の事業主の高齢化に伴い、事業を廃業せず事業承継を円滑にするため「経営承継円滑化法」が制定され、近年改定もされました。
税制においても事業承継関連税制ができ、税法特例である「取引相場のない株式等にかかる相続税の納税猶予制度」も施行されました。

※背景:従来は事業承継といえば親族内で後継者を探す事例がほとんどでしたが、
現在、全体の約4割が親族外の後継者による事業承継となっています。

事業承継の問題点

事業承継の方法

事業承継の注意点

株式を親族の後継者に譲渡する際、持ち株の比率をめぐって親族内での争い【争族】を招いてしまうリスクがあります。
逆に分配先が多くなると後継者の経営面での決定権が弱くなり事業運営に支障をきたすリスクがあります。
現経営者の所有株式をそのままにしておくと、多額の税金が発生するなどのリスクもあります。

事業承継対策業務のポイント

オーナーから後継者への経営権の委譲を滞りなくおこなうには以下のポイントがあります。

事業承継の準備

少しでも不安な点がございましたら、専門家にご相談ください。
弊社では事業承継に特化した税理士を無料でご紹介いたします。