卸売業に強い税理士

電話番号電話番号
メールでお問い合わせメールでお問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要お問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要
全国の税理士を無料紹介全国の税理士を無料紹介

卸売業に強い税理士をご紹介

多種多様な商品

販売する商品の数が圧倒的に多く、日々の取引を正確に記録するなどのお金の管理がとにかく大変な業種です。

在庫管理~実地棚卸

売上や経費などお金の申告に漏れが発生するなど、十分な知識が無ければ一人で税務を全てこなすことは容易ではありません。
ですから手間をかけずにお金の管理ができる仕組みが必要です。
決算月には、棚卸資産がどのくらいあるかを調査しておかなければなりませんから、
決算日の「実地棚卸」は、棚卸の実施計画をしっかり立てて仕入れの単価・数量を正しく把握することが大事です。
また、実地棚卸は、過剰な在庫が資金繰りを難しくするため、
仕入れを過剰に行なわず資金繰りを圧迫しない為にも必要な方法となります。
こうした経営戦略も経験豊富な税理士へ相談することでアドバイスが得られます。

従業員も多くなる傾向

卸売業の特徴として従業員数も他の業種に比べて多くなり、人件費も膨大にる傾向があります。
人件費費=給料だけでなく社会保険料など必要となる経費を総合的に判断して売上の目標・事業の計画を立てていく必要があります。
ここでも棚卸高の把握を徹底し、財務や経費の分析ができる税理士に依頼する意義は大きいです。

数字管理~経営戦略

こうした分析の結果などを詳しく数字管理できて、損益シミュレーションや納税といった税金に関わるアドバイス、
将来的な事業計画ができる税理士が望まれるのはどの業種でもそうですが、税務の煩雑な卸売業では特にそうです。

許認可申請

場合によっては、許認可など申請も必要となりますが、卸売業に精通した税理士であれば、
そうした申請についても処理することが可能です。
また雇用人数も多い業種であるため、人事面を含めた将来的な事業計画を経験・知識が豊富な税理士に相談してみるのも良いと思います。

上記のような卸売業の貴社に最適な税理士をご紹介いたします。お気軽にお問い合わせください。