運送業に強い税理士

電話番号電話番号
メールでお問い合わせメールでお問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要お問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要
全国の税理士を無料紹介全国の税理士を無料紹介

運送業に強い税理士をご紹介

変動費~売上に直結する経費

燃料費・通行料など運送する上で発生している経費、傭車費や倉庫代など(特に燃料費)については激しい変動を伴います。
※燃料として軽油を購入した場合、「軽油引取税」が課税されています。
消費税の仕入税額控除はできないのが基本ですが、特約業者以外からの仕入であれば全額の消費税を控除することが可能です。

運送事業に特徴的な変動費

利益が大きく変わる傭車費=傭車比率の調整
高速道路の利用=勤務時間、利用時間の調整が大事です。

固定費

売り上げに直接連動していない経費で人件費、駐車場代、事務所の賃料、リース料金、車検や修理費用、
社会保険料やタイヤなどの消耗品も固定費です。
人件費の改善は事業所内の環境改善=運送日報、事務作業の軽減などを図る必要があります。

車両の減価償却費

法定耐用年数4年。4年間を超過したものの扱いなども注意が必要です。

買取

新車の場合:割賦利息、自動車取得税、自賠責、車庫証明
中古車両の場合:中古資産の耐用年数を適用

※車両を購入するために借り入れた借入金利子及び割賦で購入した場合の割賦利息は、
取得価額に含めないで借入返済期間及び割賦期間に応じて損金処理することができます。
※車両取得に関連する公租公課のうち、自動車取得税、その他登録に要する費用及び自動車重量税は、
取得価額に含めないことができます。

リース契約

判断材料~利用する期間や予算
「リース料」「リース資産」「リース期間定額法」など専門的な知識が必要です。

その他

「車両の修理費」、「代車を用意するための費用負担」や
「交通規則違反の罰金の扱い(会社経費として計上することが可能。税法では損金にならない)」
※非業務上の交通規則違反の罰金を会社の経費として対応してしまうと、給与課税が発生する場合もあります。

上記のように運送業に特有の変動費・固定費を理解し、
経費・税務に対する知識・ノウハウ・経験のある税理士を無料でご紹介いたします。