建設業に強い税理士

電話番号電話番号
メールでお問い合わせメールでお問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要お問い合わせ
トップ当社の強みご依頼の流れ紹介事例会社概要
全国の税理士を無料紹介全国の税理士を無料紹介

建設業の顧問税理士変更が多い理由

金融機構に借入れの申し込みをしたいので顧問税理士に相談をしたが、
建設業は運転資金の調達が難しいと言われ断られた。

苦労されている経営者様も非常に多い業界です。
人件費や資材・機材の購入の支払いに大きなお金が動く状況です。
事前に事業計画や工事台帳を作成する事によりいざと言う時に融資を受けるよう損益計算表(PL)を付け事業計画や返済計画などを
立てて、その際に、金融機関からの借入れや借換えまたは1本化ができる融資に精通した税理士を無料でご紹介いたします。
※建設業の工事完成に合わせて短期貸付などもできる事もございます。

工事台帳を付けなくても大丈夫と顧問税理士に言われ付けていない。

建設業に置いて工事台帳は必要な物なのです。万が一、税務調査があった時に「未成工事支出金」が使途不明金とされて
追徴税金がかかるケースもあることを考えますと工事台帳が正しく作成されていることは経理処理をする上で必須条件といえます。
また、損益計算書の売上総利益がよくても、工事台帳がなければ根拠が乏しく融資を受ける際に不利になることも考えられます。
こういった建設業界に特徴的な経理処理に対応ができる税理士を無料で紹介致します。

経費が何処までいけるかを顧問税理士に確認しても具体的に教えてくれない。

建設業は人件費、材料費、機材費、移動費などそれ以外にもございますが、毎年税制は、変動があります。
最近の傾向ですが昔ながらの節税対策をしておられる税理士様は、新たに税制が変わっていても対応ができていないのが、事実です。
新たな税制はもちろんのこと建設業界に精通をしている税理士様を無料でご紹介いたします。

売上は上がっているが利益が残らないので顧問税理士に相談をしたが回答がない。

建設現場によっては、月に100万単位から1000万単位などで現場の取引等を行なう建設業者は多いと思いますが、
その際に人件費、材料費、機材費、移動費などで、かなり経費を使い込んでしまう状態の経営者は多いと思われます。
円満な会社経営を行なうキャッシュフロー改善と財務分析をする為には、経営者が経費、借入れを把握し、損益計算表(PL)を
理解する必要があります。
そこで利益を上げる事も可能になり経営状態は安定します。
今後、税務だけではなく会社経営において財務もできる税理士様を無料でご紹介いたします。

節税対策をしたいので、顧問税理士に相談をしたが、提案がない。

毎年、税制は変わり、業種によって節税などの対策に変動が生じるにはご存知ですか。
決算前ギリギリで節税はできません。
会社の節税というと、法人税対策に目が行きがちですが、実は節税対策を検討する切り口は無数にあり、
法人税だけではなく他にも、消費税・源泉所得税・印紙税もあるのです。
実際には税理士よっては、節税対策に積極的な人消極的な人に解れ納税額に大きな開きがある場合があります。
節税をおこなう上で日々の経理処理(試算表からの事業計画)を具体的に反映させる事ができる節税対策に
精通をしている税理士を無料でご紹介いたします。